アウトドアライフで地域共創、地方創生を。

朝日放送グループホールディングス、電通、グランピングマガジンGlamp他が
地域共創・地方創生を目指してグランピング&アウトドア事業企画開発会社を設立。

グランピングとは?

「グラマラス」と「キャンピング」を掛け合わせた造語で、⾃然の中でありながら、豪華な設備やサービスを利⽤し、快適に過ごすことができるキャンプのこと。従来のキャンプとは違い、テントの設営や⾷事の準備などの⼿間がかからず、初⼼者や⼦供連れの家族でも気軽に楽しめる点が⼈気を集めており、さらに近年のアウトドアブームの追い⾵も受けて、グランピング専⽤施設が注⽬されています。

ABOUT

これからの日本を発展させる基幹事業として 注目されるグランピング&アウトドア。
全国に眠る遊休地、公園、キャンプ場、観光施設を再生・活性化させることができます。
それは地方創生、地域共創、エリアの開発の切り札となる事業でもあります。

2019年10月25日設立

日本の豊かな自然は、国内のみならず海外からも注目される「観光資源」です。
しかしそれは既存の観光施設等も含めて十分に活用されていないのが現状。
日本の宝である自然をグランピング&アウトドアというチカラで再生・活性化。
さらに新たな社会的・経済的価値を生み出し、地方創生、地域共創に貢献する。
それがグランピング&アウトドア事業企画開発会社ABC Glamp&Outdoorsの使命です。

そのために朝日放送グループ、電通が持つメディア・広告事業ノウハウを活用。
グランピングという世界で独自の境地を切り拓くGlamp、カプセルの実績ノウハウを活用。
日本の美しい自然をそのままに、しかし最高に快適な空間にクリエイトしていきます。

about-image01 about-image02 about-image03

OUR BUSINESS

4つの事業内容

01

グランピング&アウトドア施設
企画開発~設計施工~運営管理

ここ数年急増するグランピング施設の企画開発から、既存キャンプ場、ゴルフ場等のリノベーション、さらに都会の遊休地活用まで。自然・野外を活用したプロジェクトを企画開発から設計施工、運営管理まで豊富な経験を元に一括して手掛けることができます。

02

グランピング&アウトドア事業
BtoBコンサルティング。

全国の都道府県市町村が運営する公園、キャンプ場をグランピングという手法で再生させることができます。さらに企業等が所有する遊休地の再活用、既存レジャー・リゾート施設のリノベーションといったBtoBコンサルティングも独自のノウハウで行います。

03

グランピング&アウトドア・ポータルメディア「Glamp」企画編集制作

日本唯一のグランピング専門雑誌Glamp、グランピング情報WEBサイトGlamp.jpを発展。朝日放送のテレビ・ラジオメディア、電通のネットワークとも連携して、日本のみならず世界にも発信するグランピング&アウトドア・ポータルメディアを構築します。

04

グランピング&アウトドア関連イベント
企画開発~運営PR

自然に囲まれた広い敷地を持つグランピング&アウトドア施設は最高のイベント空間。そこで音楽ライブ、スポーツ、グルメ、ファッション….様々なライフスタイル・イベントを企画開発から運営PRまで一括して実施します。

Glamp.jp

最新グランピング&情報を
アウトドア発信するWEBサイト
WEBサイトはこちら>

glamp.jp

Glamp

世界のグランピング情報をリポートする
グランピング専門雑誌

glamp
FBI Awaji

FBI Awaji

FBI Awaji

FBI Awaji

FBI Daisen

FBI Daisen

FBI Daisen

FBI Daisen

FBI Daisen

FBI Daisen

ウメキタ!!BBQグランピングパーク

ウメキタ!!BBQグランピングパーク

ウメキタ!!BBQグランピングパーク

ウメキタ!!BBQグランピングパーク

COMPANY

名称
株式会社ABC Glamp&Outdoors
(読み⽅)エービーシー グランプ アンド アウトドアーズ
本社所在地
〒553-8503 大阪府大阪市福島区福島1-1-30
朝日放送グループホールディングス本社内
役員構成
代表取締役社長(CEO)
太⽥充彦(朝日放送グループHD)
代表取締役(COO)
吉村司(Glamp)
取締役
⾼橋勝⼰(電通)
取締役
⼾取隆昭(カプセル)
取締役
浅野智章(朝日放送グループHD)
資本金
5,000万円
株主と特殊比率
朝⽇放送グループホールディングス(株)
51%
(株)電通
34%
(株)Glamp
10%
(株)カプセル
5%
主な事業
アウトドア及びグランピングに関する
・施設の企画開発から設計施工運営管理までのプロデュース事業
・施設のコンサルティング及びPR事業
・ポータルサイト・番組・雑誌等のメディア事業
・関連商品企画・開発・販売事業
・イベント・プロモーション企画・運営事業
など
glamp

COO PROFILE

代表取締役COO
吉村司プロフィール

代表取締役COO吉村司

代表取締役COO吉村司

1960年大阪生まれ。甲南大学卒業後、朝日ファミリーニュース社を経て、フリーライターに。1990年、マガジンハウス入社。ハナコウエスト編集部で、デスク、副編集長、編集長を歴任して、2010年に独立。編集プロダクション「タイム&プレイス」社を設立。

2012年淡路島・洲本市五色町に2,500坪の敷地を購入して、キャンプ好きの仲間たちとキャンプ場「FBI Awaji」を開業。鳥取県・大山に3万坪の敷地を持つ「FBI Daisen」も開業。2015年9月には、日本初のグランピング・マガジン「Glamp」を講談社より創刊。発行責任者、編集長に就任する。

2016年、ネーチャーテーマパーク「ネスタリゾート神戸」でグランピングパーク「グランプBBQパーク」をプロデュース。2017年、大阪駅前で都市型グランピングパーク「ウメキタ!!グランピング&リゾート」をプロデュース。さらに大阪・肥後橋で屋上グランピングレストラン「アンバー・グランピング」をプロデュース。2018年、グランピング施設「パームガーデン舞洲」プロデュースほか。

2019年10⽉、グランピング事業企画開発会社「ABC Glamp&Outdoors」設⽴と同時に代表取締役COOに就任

なぜ我々は今、
アウトドア&グランピング事業に
取り組むのか?

日本は自然環境に恵まれたアウトドア王国です。美しい山があり川があり森があり湖があり海がある。そこを四季の景色が移ろいながら彩り、豊かな食材を育てる。北国の北海道から南国の沖縄まで、3500kmに渡る国土には多彩な顔を持つ自然が広がっています。ではそんな自然を日本人は存分に楽しんでいるのか?答えはNOです。キャンパー、アルピニストと呼ばれる一部のマニアックな人々は日本の自然を謳歌しています。しかし多くの人々は自然を楽しむことは面倒で難しいことだ、と考えているようです。一方欧米ではマニアからマスの人々まで自然をとことん楽しんでいます。そして自然を快適に楽しむためにあらゆる知恵を絞ります。テントにベッドや家具を持ち込み、森にツリーハウスを建て、海には豪華クルーザーを浮かべ、砂漠には巨大なキャンピングカーを持ち込みます。そしてそんなライフスタイルを彼らは「グランピング」と名付けました。

グランピングという新しい自然派ライフスタイルが日本にもやってきました。しかし欧米のスタイルを見様見真似で取り入れるだけでは、日本の自然は決して快適にはなりません。年々増加する台風は常設テントを容易く吹き飛ばします。40度を超える酷暑の夏に屋外BBQをすることは危険でさえあります。さらに梅雨の季節に過ごすテントの中はたとえベッドがあっても快適とは対極の場所です。そこで我々は、日本独特の自然環境の中でもいかに快適に過ごせるか?を求めて、淡路島と鳥取・大山にグランピングキャンプ場を開業。さらに我々の経験とグランピングの最新情報を伝える日本唯一のグランピング専門雑誌Glampを創刊しました。そしてそんな情報、経験を活かして様々なグランピング施設の企画開発も手掛けてきました。日本の自然は最高ですが強力に手強い。しかしそれを克服すれば、至福の快適を人々に提供することができます。

我々は今年、そんなノウハウをもっと日本中で活かしたい。そして日本のアウトドア&グランピングという新しいライフスタイルをもっと進化させたいと考えました。そんな考えにテレビメディアという立場で朝日放送が共感してくださいました。広告代理店という立場で電通が共感してくださいました。さらに我々と数年前よりグランピング事業で手を携えてきたカプセルも加わって4社でアウトドア&グランピング事業会社を設立することとなりました。4社が目指す会社の理念は以下の4つです。

  • ①日本の自然環境を損わず最高に快適なグランピング施設を企画開発する。
  • ②家族と子供たちが自然を存分に楽しんで慈しめる施設環境を整備する。
  • ③日本にまだまだ残る最高の自然環境をグランピングという手法で活用する。
  • ④ウェブ、テレビ、ラジオ、雑誌というメディアで本当のアウトドアを啓蒙する。

日本中に自然を人々が快適に過ごせる場所を1箇所でも多く創っていきたいと考えています。そのためには、我々の理念に共感してくださり、日本の自然環境に貢献したいと考えられる企業様と積極的に手を携えていきたいと希望します。

ABC Glamp&Outdoors COO

吉村司

CONTACT

*必須項目

FORM

*
*
*
*
(3000文字以内)
トップへ